• Joe

年収億超え!?外資系投資銀行で働く人の出身校と専攻



就職活動をしている学生や他業界の人からすると、外資系の投資銀行で働くと、とにかくお金がたくさん稼げる、20代で年収数千万円、年収億越えも可能、ただし死ぬほど激務…といったようなイメージがあるのではないでしょうか。


リーマンショック直後には廃れると言われていた業界ですが、まだまだ勢いはあり、高収入の仕事で就活生にとっては依然として人気の職業です。

米系ではゴールドマンサックス、JPモルガン、バンクオブアメリカ、モルガンスタンレー、欧州系ではクレディ・スイス、バークレイズ、ドイツ銀行などがよく知られています。


Vaultのランキング「2020 Most Prestigious Banking Firms」では、1位がゴールドマンサックス、2位がモルガンスタンレー、3位がJPモルガンとなっています。



投資銀行とは、資金調達のサポートやM&A(合併と買収)に関わるアドバイス、機関投資家向けの金融商品の売買やなどを行う金融機関のことです。


投資銀行と聞くと投資銀行部門(IBD)をイメージする人が多いでしょう。IBDは、大企業のM&A案件や資金調達のアドバイザー業務を担当し、IBDの中でカバレッジとプロダクト担当に分かれます。


カバレッジ担当は製造業、金融といった産業ごとに分かれてクライアントに提案活動を行ったり、クライアントの窓口になったりします。

プロダクト担当は、ECM(株式での資金調達)、DCM(債権での資金調達)、M&Aなどのチームに分かれています。

IBDではこのカバレッジ担当とプロダクト担当が協力して仕事をしています。



超優秀な人達が集まる外資系投資銀行で働く人達の学歴、出身校は気になるところだと思いますので、今回はゴールドマンサックス、JPモルガン、モルガンスタンレーの3社に焦点を当ててそれぞれの会社で働く人達の出身校を見てみましょう。



本記事では、外資系投資銀行で働く人達の出身校と専攻をまとめました。(キャリア系ソーシャルネットワークサービスのLinkedInに登録している全世界の人を対象としています(2020年5月2日時点))


まずはゴールドマンサックスで働く人の出身校を見てみましょう。


ゴールドマンサックスで働く人の出身校上位15(社員の全登録者数:54,510人) No. 出身校 人数 1 The London School of Economics and Political Science (LSE) 838 2 Columbia University in the City of New York 655 3 New York University 628 4 Harvard University 562 5 Cornell University 553 6 University of Oxford 535 7 NYU Stern School of Business 522 8 The Institute of Chartered Accountants of India 520 9 The Wharton School 516 10 University of Cambridge 469 11 University of Pennsylvania 366 12 Stanford University 307 13 Università Bocconi 305 14 University of California, Berkeley 296 15 Columbia Business School 285



ロンドンスクールオブエコノミクスなど経済、金融に強い大学や、コロンビア大学、ニューヨーク大学などウォール街に近い東海岸の名門校が多いようです。


ゴールドマンサックスのCEOデービッド・ソロモン氏はアメリカの名門リベラルアーツカレッジであるハミルトンカレッジ出身で、大学では政治学を専攻し、ラグビーをプレーし、学生団体のフラタニティにも所属していました。いくつかの金融機関でジャンクボンドなどを扱い、ゴールドマンサックスに入社するとすぐに頭角を現し、37歳の頃にはレバレッジドファイナンスチームのパートナー(執行役員)となりました。 ちなみに、デービッド・ソロモン氏はDJとしても活動しており、楽曲制作なども行っています。

ゴールドマンサックスで働く人の専攻上位15(社員の全登録者数:54,510人) No. 専攻 人数 1 金融 6443 2 経済学 5740 3 コンピューター・サイエンス 4204 4 経営管理 2776 5 数学 2124 6 会計・金融 1784 7 会計 1775 8 金融および金融管理サービス 1631 9 ビジネス/コマース 1395 10 政治学 1216 11 情報技術 (IT) 1201 12 コンピューター・エンジニアリング 1189 13 電子工学 983 14 物理学 899 15 国際事業 747



ゴールドマンサックスで働く人の大学での専攻は金融がやはり一番多く、続いて経済学となっています。投資銀行は大きなIT部門を抱えていますのでコンピューターサイエンス、情報技術、コンピューターエンジニアリングなどの専攻も多いですね。


続いて、モルガンスタンレーで働く人の出身校を見ていきましょう。


モルガンスタンレーで働く人の出身校上位15(社員の全登録者数:76,155人) No. 出身校 人数 1 University of Mumbai 876 2 New York University 822 3 NYU Stern School of Business 692 4 Columbia University in the City of New York 657 5 Baruch College 654 6 The Wharton School 598 7 Rutgers University 564 8 The London School of Economics and Political Science (LSE) 545 9 Cornell University 519 10 University of Pennsylvania 347 11 Columbia Business School 340 12 Harvard University 339 13 University of Oxford 323 14 University of Cambridge 298 15 Duke University 229



以外かもしれませんが、モルガンスタンレーで働いている人の出身校で最も多いのはインドのUniversity of Mumbai (ムンバイ大学)でした。

ムンバイ大学はインドのムンバイにある州立総合大学で、全世界の億万長者に関する調査機関である「Wealth-X」と「UBS Billionaire Census」の調査による「世界で最も多数の億万長者を排出した大学トップ20」にランクインしている名門大学です。

ゴールドマンサックスと同様にニューヨーク大学やコロンビア大学など東海岸の名門校が多いです。



モルガンスタンレーのCEOのジェームズ・ゴーマン氏はオーストラリアで生まれ、オーストラリアのザビエルカレッジとメルボルン大学で法学をまなびました。その後、法律事務所で働いた後にコロンビアビジネススクールでMBAを取得し、コンサルティング会社のマッキンゼーアンドカンパニーに入社し、シニアパートナーとしてメリルリンチをクライアントとして担当し、その後メリルリンチにCMO(Chief Marketing Officer)として入社します。そして、モルガンスタンレーにグローバルウェルスマネジメント部門のCOO(Chief Operating Officer)として入社し、CEOにまで上りつめます。

ジェームズ・ゴーマン氏は、2018年の従業員による評価が最も高い主要銀行のCEOに輝いています。

ちなみに、ジェームズ・ゴーマン氏は3月にコロナウイルスに感染し、その後3週間で回復しました。


モルガンスタンレーで働く人の専攻上位15(社員の全登録者数:76,155人) No. 専攻 人数 1 金融 9555 2 経済学 7053 3 経営管理 4484 4 コンピューター・サイエンス 3972 5 金融および金融管理サービス 2406 6 会計 2366 7 数学 1971 8 会計・金融 1927 9 ビジネス/コマース 1735 10 マーケティング 1728 11 政治学 1650 12 情報技術 (IT) 1617 13 コンピューター・エンジニアリング 1139 14 国際事業 1130 15 物理学 766



専攻別に見ると、やはり金融が最も多く、その他経済、ビジネス系の専攻が多いようです。ゴールドマンサックスと同様にコンピュータ、情報系も多いです。


次にJPモルガンで働く人の出身校、専攻を見ていきましょう。


JPモルガンで働く人の出身校上位15(社員の全登録者数:56,400人) No. 出身校 人数 1 University of Mumbai 915 2 The London School of Economics and Political Science (LSE) 631 3 NYU Stern School of Business 528 4 New York University 402 5 Columbia University in the City of New York 391 6 The Institute of Chartered Accountants of India 358 7 Cornell University 321 8 University of Oxford 316 9 The Wharton School 311 10 University of Cambridge 309 11 UCL 280 12 Imperial College London 276 13 Columbia Business School 276 14 Università Bocconi 251 15 CFA Institute 212



JPモルガンもモルガンスタンレーと同様にムンバイ大学が最も多くなっています。

次いで、ロンドンスクールオブエコノミクス、ニューヨーク大学スターンビジネススクール、ニューヨーク大学、コロンビア大学となっています。



JPモルガンのCEOジェームズ・ダイモン氏は、タフツ大学にて心理学と経済学を専攻し、ハーバードビジネススクールでMBAを取得しています。ハーバードビジネススクールでは、成績優秀者に授与されるベイカースカラーを取得しています。


卒業後は、アメリカン・エキスプレスに入社し、後にシティグループの社長・会長となるサンフォード・ワイルと一緒に働くことになります。ダイモン氏はワイル氏とアメリカン・エキスプレスを退社すると、次々に金融機関を買収し、シティグループの設立に至ります。しかし、ダイモン氏はシティグループを解雇され、その後バンク・ワンのCEOに着任し、JPモルガン・チェースが同社を買収すると、最高執行責任者に着任し、その後CEOとなります。


ダイモン氏は、ニューヨーク連邦準備銀行の取締役を務めたりしており、Times誌の世界で最も影響力のある100人に選ばれています。


JPモルガンで働く人の専攻上位15(社員の全登録者数:56,400人) No. 専攻 人数 1 金融 6634 2 経済学 5081 3 経営管理 2961 4 コンピューター・サイエンス 2028 5 金融および金融管理サービス 1779 6 会計・金融 1778 7 会計 1614 8 数学 1519 9 ビジネス/コマース 1428 10 マーケティング 927 11 政治学 863 12 国際事業 814 13 物理学 587 14 史学 534 15 国際研究 462



やはりJPモルガンで働く人も金融を専攻する人が最も多く、続いて経済学、経営管理となっています。


それでは、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、JPモルガンの3社全体で働く人の出身校、専攻はどうか見てみましょう。



ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、JPモルガンで働く人の出身校上位20 No. 出身校 人数 1 The London School of Economics and Political Science (LSE) 2014 2 New York University 1852 3 University of Mumbai 1791 4 NYU Stern School of Business 1742 5 Columbia University in the City of New York 1703 6 The Wharton School 1425 7 Cornell University 1393 8 University of Oxford 1174 9 University of Cambridge 1076 10 Harvard University 901 11 Columbia Business School 901 12 The Institute of Chartered Accountants of India 878 13 University of Pennsylvania 713 14 Baruch College 654 15 Rutgers University 564 16 Università Bocconi 556 17 Stanford University 307 18 University of California, Berkeley 296 19 UCL 280 20 Imperial College London 276



3社で働く人達の出身校で最も多いのはロンドンスクールオブエコノミクスでした。

2位はニューヨーク大学、3位はムンバイ大学となっています。その他、ハーバード、ペンシルバニア、オックスフォード、ケンブリッジなど英米の名門校が多く、それ以外ではインド、イタリアの大学も名を連ねています。


ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、JPモルガンで働く人の専攻上位18 No. 専攻 人数 1 金融 22632 2 経済学 17874 3 経営管理 10221 4 コンピューター・サイエンス 10204 5 金融および金融管理サービス 5816 6 会計 5755 7 数学 5614 8 会計・金融 5489 9 ビジネス/コマース 4558 10 政治学 3729 11 情報技術 (IT) 2818 12 国際事業 2691 13 マーケティング 2655 14 コンピューター・エンジニアリング 2328 15 物理学 2252 16 電子工学 983 17 史学 534 18 国際研究 462



最も多い専攻は金融で、次に経済学、経営管理となっています。会計など業務に直結する専攻も多いですが、政治学、史学、国際研究といった業務に直接関係のない専攻も多くなっています。

ここまで、地域を限定せずに世界全体で働いている人の出身校・専攻をみてきましたが、最後に、日本の出身大学で多い大学はどこかを見ていきましょう。



ゴールドマンサックス上位10 No. 出身校 人数 1 東京大学 117 2 慶応大学 111 3 早稲田大学 95 4 京都大学 28 5 上智大学 25 6 一橋大学 22 7 東京工業大学 21 8 大阪大学 13 9 同志社大学 11 10 東京外国語大学 8

モルガンスタンレー上位10 No. 出身校 人数 1 慶応大学 105 2 東京大学 99 3 早稲田大学 70 4 上智大学 37 5 京都大学 25 6 一橋大学 19 7 東京工業大学 13 8 大阪大学 5 9 筑波大学 5 10 明治大学 4

JPモルガン上位10 No. 出身校 人数 1 慶応大学 45 2 東京大学 41 3 早稲田大学 30 4 上智大学 19 5 一橋大学 16 6 京都大学 13 7 同志社大学 5 8 筑波大学 3 9 明治大学 3 10 東京工業大学 2


ゴールドマンサックスで働く人の出身校は東京大学が最も多く、モルガンスタンレー、JPモルガンは慶応大学が最も多いようです。

その他、早稲田、上智、一橋、京都大学といった大学が多くなっています。


やはり、M&Aや資金調達など専門的な金融の業務をするには優秀な頭脳が必要なようです。また、常にクライアントに接する仕事であることからコミュニケーション能力が高そうな慶応大学出身者がとても多いようです。



外資系投資銀行で採用されるのは応募者の1~2%程度 と言われていますから、世界の超名門校に通う人達がこぞって応募し、その中の100人に1人になるというのは簡単なことではありません。

そのような競争に勝ち残った超優秀な人達が外資系投資銀行に入社してから1日16時間休みなしで働くことでクライアントが満足するサービスを提供できるのですね。


外資系投資銀行の就職サポートはこちら

15回の閲覧
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon
無料問い合わせ

© 2023 by The New Frontier. Proudly created with Wix.com