• Joe

アメリカの大学に留学するスキーム

更新日:2020年8月11日

アプローチ

前の投稿で、アメリカの大学へ進学する為の手段(スキーム)として以下があるということを述べた。 今回はどのようなスキームで留学するのが良いのかを考えてみる(一例として)

①日本の高等学校卒業  アメリカの4年制大学入学 ②日本の高等学校卒業  Community College入学  アメリカの4年制大学編 ③日本の高等学校卒業  アメリカの4年制大学入学  アメリカの4年制大学編 ④日本の高等学校卒業  国内大学入学  アメリカの4年制大学編入 ⑤日本の高等学校卒業  語学学校入学  大学(Community College)入学 (英語力が入学基準に満たない場合なので比較からは除外)

今回は、これらのスキームの比較を行い、留学する為にベストなスキームは何かを決定する。  比較をするに当たって、以下のような基準を用いて、難易度・コストという観点から総合的に比較をする。

①入学条件 (requirement) ・共通テストの結果や推薦状、面接等が入学時に必要か不要か ・必要であれば難易度が高くなり、不要であれば低くなる ②費用 ・入学から卒業するまでにかかる費用が高いか安いか ③準備期間 ・高校在学時~入学までの間に必要とされる準備期間 ・準備期間が長ければ難易度が高くなり、短ければ低くなる

④在学期間 ・大学(Community College)入学~卒業までの期間 ・在学期間が長ければコストが高くなり、短ければ低くなる

まずはこれらの項目