• Joe

一番役に立つ大学での専攻は何か

更新日:2020年8月11日

留学したは良いものの、大学での専攻を何にしたらよいのだろうか

本来であれば自身のやりたいことを見つけてとことんまで突き詰めるのが望ましいんですが、自分のやりたいことを大学時代にみつけられる人は限られていると思うので、一つの考え方として、キャリア形成上、どのような専攻が汎用的に役に立つかといった観点で書きたい。

まず、留学(英語圏を例にとると)している時点で英語はマスターできるので、英語+αで何をするかとなる。

「言語が好きなので、他の言語を専攻する」という人が留学生の中には結構いるが、 言語は基本的にアディショナルなスキルであり、本質的なビジネススキルではないのであまり得策ではない。(翻訳とか言語スキルのみを活かした業務をやりたいのであれば別だが)

英語+ビジネス系人材 例えば英語+ファイナンス、アカウンティング、或いは経営学などの企業の経営に関わる知識。 悪くはないがこの選択をする人は非常に多く、また優秀な人がたくさんいる割には需要が限られているのでゼロサムゲームになりやすい。

つまり、英語+経営の知識を持っているという人はたくさんいるのだけれど、そういったスキルが必要とされるポジションは少ないので、過当競争になりやすい。

例えばコンサル、フィナンシャルア