• Joe

アメリカの大学に留学するデメリット ~ 勉強が大変で卒業に苦労する

更新日:2020年8月11日

“アメリカの大学は卒業するのが難しい”というのが定説のようになっているが、実際のところはどうなのだろうか。  確かに、以下のIES (Institute of Education Science)のデータを見てみると、2006年に入学し、6年間で4年制大学を卒業したのは全体でわずか59%であるので、6年間で約6割の人しか卒業できていない事になる。



OECDが発表したレポート「Education at a Glance 2013」によると、2011年の日本の大学型高等教育の修了者の割合(Completion rates in tertiary education)は91% (アメリカは64%)であり、日本と比べると、アメリカの卒業率はかなり低い。