• Joe

アメリカの大学に留学するデメリット ~ 高い学費をどう賄うか

更新日:2020年8月11日

平均値で見るとアメリカの大学のほうが日本の大学よりも学費が高いようである。 

college boardによると、アメリカの公立大学の学費は年間約220万円(1ドル=100円換算)に対し、日本の国公立大学の学費は約88万円であり、差額は132万円となる。

アメリカの私立大学の学費は年間約310万円(1ドル=100円換算)に対し、日本の私立大学の学費は約131万円であり、差額は179万円となる。

公立であれば138万円、私立であれば179万円の差額がアメリカへの留学のハードルを高くしているので、差額を補填する為の施策を考えなければならない。 

以下、学費を工面するために考えられる手段である。

お金を稼がずに学費を工面 ①奨学金・ローン ②学費の安い大学に入学し、その後本命の大学へ編入する ③留学期間短縮

お金を稼いで学費を工面 ④アメリカでお金を稼ぐ ⑤日本でお金を稼ぐ