1月9日

大学入学時に専攻を選択する必要はありますか?

0件のコメント

日本では入学時に専攻(学部)を選択する必要がありますが、留学する国によってそれは異なります。 例えば、アメリカの大学では一般的に2年次までは一般教養を履修し、3年次から本格的に自身の専攻に合った科目を履修していきますので入学時に専攻が決まっている必要はありません。 一方イギリスでは日本と似ていて入学1年目から専攻科目を履修しますので、専攻を決めておく必要があります。

この記事にはコメントはできません。
最新記事
  • 大学によって交換留学プログラムの内容が異なりますので、大学に直接確認することをお勧めします。 日本の大学に在学中に留学すると留年してしまうイメージがありますが、必ずしもそうではなく、単位互換を認めている大学の提携校などへの留学であれば必ずしも留年せずに留学して卒業できます。
  • 国によって違うのですが、例えばアメリカでは日本の大学のようにきっかり4年間で卒業という訳ではありません。 人によっては4年よりも短い期間で卒業したり、或いは長い期間をかけて卒業する人もいます。これは、学校によって決められた単位を履修した時点で卒業可能となるからです。 なので、単位を履修しなければ卒業までの期間は長引きますし、単位を早く履修すれば卒業までの期間は短くなります。
  • 海外には所謂日本で行われているような文化祭はありません。 その代わりに、アメリカでは「ホームカミング」というダンスパーティや各種学外の人達も参加できるイベント・パーティなどがあります。
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon
無料問い合わせ

© 2023 by The New Frontier. Proudly created with Wix.com